トップページ > 交通事故の困り事

交通事故の困り事 Having trouble in traffic   むち打ち症JPG

交通事故などの症状についての困り事を当院の過去の事例もふまえてご説明致します

交通事故全般に出現する辛い症状

 交通事故等に遭われお怪我た方は、大変辛い思いをされて日常生活を送っておられる事、お察し致します。
 過去の事例で共通の問題で、症状が長引くにつれ、いつ治るのか?本当にいつ治るのか? 又、自賠責保険・任意保険はちゃんと機能して賠償・保証しくれるのか?等様々な不安・心配事が仕事・学業や家庭の日常に影響して来ますので、一刻も早く身体を治して平常復帰が最優先と思います。

当院では長年の交通事故治療のノウハウを生かし、最短で回復・復帰出来るように努力致してまいります。

下記の図は当院で扱っている代表的な症状例です。ご自分の症状と比較なさっていかがでしょうか?ご不明な事・ご質問等ありましたら、どんなに小さな事でもご遠慮なくお気軽にお尋ねください。(院長:村上)

画像をクリックすると大きくなります!


症状・怪我などについてのご注意!

 症状出現の時期:事故直後、時間経過(2週間以上〜)と共に増してくる場合がありますの で、当初、症状が無くても注意は必要です。特に2〜3ヶ月以内は注意が必要な期間です。
 又、事故後数年〜数十年経過して出現する症状の方もしばしばお見かけする事があります。
photo1 当院では事故後最低2〜3週間経てからの診療開始を勧めています(症状が出切るのと、少々落ち着く頃です)


 症状の辛さ(強弱・増減):普通は事故時の
・衝撃の大きさ(スピード等)
・車両の重量や大きさの差
・男女差・年齢差・体型差等の個人差
が怪我の大きさや症状の増減に関係してきます。
又、ほんの小さな(コツンとぶつかった程度で、車両に損傷がない程度)衝撃でも、不意をつかれた時などは容易に症状出現します。
日常生活を送れない程の辛い症状は勿論ですが、軽度な症状の持続でも回復が長引くと患部の固定化・体調不良・情緒不安定・不安感の増大に必ずつながって来ますので、当初の小さな症状(サイン)を見逃さぬようご注意下さい。
photo1 辛い症状が回復をみないまま経過するとうつ症状に移行される方々も増えています。※ご参考に...:【日本新型ウツ病学会(松井孝嘉学会理事長)が提唱する「頸筋症うつ」】

ページトップへ戻る

交通事故...乗り物等の怪我の特徴

 歩行中・軽車両乗車中事故に遭われた方は:
 なんと言っても生身の体ですので、打撲・転倒などするとダイレクトに強い衝 撃を受け、怪我・症状も多部位に強く出現しますので、早期治療の後経過観察が必要です。治療回復期間も長くなる事多いので大丈夫!と思わず、すぐに診察を受ける事が重要です。
photo1 必ず警察に届け出しておく事が重要で、後々助かった例もございました。最近では歩行者と歩行者、歩行者と自転車でも重大な怪我をする事がありますので、面倒でも相手の確認は必要です。

 車両乗車中事故に遭われた方は:
 スピードの高低、車両の大きさ(大型〜小型)により受ける衝撃の大小が違ってく ると、直接怪我に影響しますので、小さな衝撃だから大丈夫と言う事も経験上ありませんので、早期に病院等で早めの診察をお勧めします。
 特に助手席や女性・高齢の方の怪我が大きくなり、長引く傾向がございます
photo1 警察への届け出と保険会社への速やかな連絡と「おかしいな?」と思ったらすぐ病院へ行く事が重要です。(診断書も取っておくと良いでしょう)車両がそれほど壊れていない場合でも1〜2ヶ月以上経って出現する事もありますので要観察で、「大丈夫!という思い込み」の過信はしないで下さい。又、ドライブレコーダーの取り付けも重要な証拠になる事もあるようですので有効と思われます(私も装着済です)。

 2輪(バイク)乗車中事故に遭われた方は:
 私も30年以上バイクに乗っていて事故も3回以上遭った事がありますので怪我の怖 さも充分承知しています(自慢にはなりませんが...(^^))。歩行者同様生身に近いのとスピードが出ている場合や、転倒・投げ出された場合は体に受ける衝撃は強くダイレクトで、怪我が大きく、多部位に出現しますので要注意!です。又、回復も長期間要する事あります。
今までの殆どの方々がヘルメットの重量も手伝い"むち打ち症"を伴っていましたので、まず同時に受傷いると思った方が懸命です。
photo1 身体を守るプロテクション(ウェア、ガード類)と、任意保険等加入は重要かと思います。また、事故に遭われたバイクの方は、傷等がある程度治らないと治療できない場合もありますので、遠慮なく様々な事柄含めて相談して下さい。

ページトップへ戻る

交通事故関連の特異な傷病

準備中ですのでお待ち下さい
Copyright(C) : 日生整体整骨院 All Rights Reserved.